『チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮』

チョコボの不思議なダンジョンの発売10周年を記念しWiiで発売されたチョコダンシリーズ。今回も前作までとはまた異なった世界観を楽しむことができます。

シナリオは少し短めですがかなり丁寧に作られていて

イベントシーンはフルボイスで進んでいきます。

新しい要素として今回はチョコボが全10のジョブにチェンジし

それぞれのジョブにより能力が上下したり専用のアビリティが使えたりします。

ゲームの難易度は低くチュートリアル的な説明が要所要所で入るので

初心者からでも楽しめるのではないかと思います。

映像面はスクウェアエニックスなので今更語ることはないでしょう。

ただ、モンスターや召喚獣のデザイン面は少し気になりまして

バンプレストの協力を得て作られた1、そのデザインをある程度継承した2に対し

今回は最近のFFシリーズのデザインを継承したような感じを受けました。

そして今作一番の評価はやはり音楽面でしょう。

過去のFFシリーズのいいところ取りでさらにアレンジが加えられることによって

よりゲームにマッチするように作られてます。

FFシリーズの作曲者である植松氏も語られているように、

FFシリーズのファンにとってはまさに”裏ベスト”な選曲ではないかと思います。

音楽だけでも聴く価値アリでしょう。

また、今作にもDSの「魔法の絵本」にあったポップアップデュエルが収録されていまして、Wi-Fiで自動検出した相手と対戦することができます。

前作のWi-Fi対戦では負けが確定すると回線切断で逃げるプレイヤーが多数見られたのですが、今回は対戦成績やレートに加え、この回線切断の回数もカウントされるようになったので、ある程度抑制されてるのではないかと思います。

Copyright 羅針盤 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner