『キャプテン★レインボー』

ストーリーは落ち目のヒーロー「キャプテン★レインボー」が人気者に返り咲くべく、どんな願いもかなうという場所に訪れるが、逆にレインボーが「みんなの願いを叶えられる存在」になってしまい、どうするか考えながら住人たち(実はみんな任天堂が過去に発売したゲームの「スターになりたい」マイナーキャラだったりする)と交流しつつ人助けをしていく、という内容。

ゲームのテーマは「本当の意味でのヒーローとは?」で、このことがゲームの結末にまでしっかりと絡んでくるほか、かつてラブデリックが送り出したゲームのゲームのテーマも登場して『moon』のテーマである「愛」(この場合は人の願いを叶える事)や『L.O.L』の「環境破壊」など様々なテーマが織り込まれています。

強烈過ぎるその第1印象はB級(C級?)映画っぽいバカゲーで、実際にもプレイすると凄まじくシュールなギャグが飛び交いプレイヤーを盛大に笑わせてくれます。

だがしかし、前述したようにシナリオのテーマはちょっと真剣に考えてしまうような真面目なもので、ちょっと良い話や心打つ、心温まる話話などシュールではあるがバカ一転倒ではないストーリーを見せます。

ストーリー本筋とは無関係の、ランダム発生要素も入った「細かすぎて普通は気付かない」くらい散りばめられたギャグ要素などもかなり楽しい。ゲーム中の音楽、特に歌付きの曲は強烈さに度肝を抜かれながらも、聞けば聞くほどシュールな世界観にマッチして妙な魅力を感じさせるインパクト絶大なもので、非常に秀逸。

Copyright 羅針盤 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner