『アナザーコード:R 記憶の扉』

DS初期に発売されたタイトルの続編となるAVG。

前作「二つの記憶」ではDSのギミックを生かした謎解きが多かったわけですが、今作ではWiiリモコンを使った謎解きが数多く用意され、それらを解いていきながら主人公アシュレイの母の死にまつわる秘密に迫っていくことになっていきます。

DS版ではあまりに謎解きの方に力が入って物語的なボリュームに不満の声も多かったわけですが、今作ではそのあたりは解消され個人的にはなかなか良い印象でラストを迎えることが出来ました。

アシュレイも相変わらずアンバランスさを見せてはいるものの16才になったということでお姉さんぶるシーンも色々あり、成長した姿を見ることが出来たことに感慨のようなものも。

ただWiiリモコンとAVGの相性自体がどうなのかな、と思わされました……それまでのコントローラやマウスのようにピタッと合わせるのが慣れないこともあってなかなか出来ずイライラさせられてしまいましたので。

セーブするのすら小さい目標にリモコンを合わせねばならないのがどうにもストレスになってしまうのはどうかと。

謎解きも正直、手ごわいのは良いとしても何度もトライしてもヒントがごくわずかしかなかったり全くない、というのは潔すぎるように思いました。

もっとプレイヤーを誘導するヒントを出して欲しかったです、リモコンの傾け具合の良し悪しが回答になると言われてもどれぐらいなのかなんてなかなか分からんですわ。

まあまずまず楽しませてはもらえましたが、リモコン機能使った謎解きものはしばらくはいいや、とうんざりする心境になったこともまた確かな一作でした。

Copyright 羅針盤 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner