ブックオフ(津田沼・仙台)、らしんばん仙台店、トレファク幕張店、じゃんぱら秋葉原4号店での買取

5箇所の買い取り業者に物を売ったときのことをお話しします。

まず1店舗目はブックオフ・モリシア津田沼店です。ここでは試験を受けなくなったため不要になった公務員試験のテキスト、就職試験対策本を売りました。年度が新しいものだったこともあってか、わりと良い値段で売れたことを記憶しています。

2店舗目はブックオフスーパーバザールさくら野仙台店です。ここでは大学時代に使ったテキストや実家で不要になった本を売りました。しかしここでは安い値段でしか売れませんでした。
昼食代にはなるだろうかと目論んでおりましたが、期待を大きく下回る買い取り額にがっかりしました。以前もここでタレント写真集を売ったのですが、100円の値しかつきませんでした。
この店の査定額はかなり厳しいように感じました。

3店舗目はらしんばん仙台店で不要になったCD、本(同人誌)を売りました。結構な数のものを仕入れたものの、値段は二束三文もいいとこという結果に終わりました。
他の商品の買い取り結果と比べてみてもかなり惨憺たる金額でした。2店舗目のブックオフ仙台店同様、かなり厳しめの査定であると感じました。
もしまた同人誌などを売ることがあってもらしんばんではなく他の店舗にしようと考えています。

http://らしんばん買取.com/

4店舗目はトレジャー・ファクトリー幕張店です。ここではプロ野球のレプリカユニフォームを売りました。6~7着ほど売って5000円の値がつきました。
購入時の値段と比べるとかなり安くなってしまいましたが、それでも5000円という結果にはそれなりに納得しています。

5店舗目はじゃんぱら秋葉原4号店です。ここでは不要になったiPhone5sを売りました。ここに辿り着くまでに複数の店舗(トレファク、大黒屋、イオシス、ドスパラ等)で見積もりを行いました。
結果、最も高い15000円の査定を出したじゃんぱらに売ることにしました。今まで携帯電話の端末は売ってきませんでしたが、3年前の機種でもそれなりの値段がつくということには嬉しさを感じています。良い査定額を算出した店員さんに感謝です。
個人的には、よく新機種の発売ごとに携帯各社が下取りキャンペーンを行っていますが、ノーリターンで手放すくらいならある程度の値がつく買い取り業者に売った方がお得な気がします。

Copyright 羅針盤 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget